葬儀の階層返礼品と香典返し

葬儀の階層返礼品と香典返し

会葬返礼品は通夜、葬儀、告別式に参列した人全員に会葬礼状と一緒に渡す品物です。

通夜と葬儀、告別式は別に品を用意する場合もありますが最近では両日を通じて、同じものを用意するケースが多くなってきています。会葬返礼品は1〜2日以内にある程度まとまった数を準備しなくてはいけないため、葬儀社を通じて専門業者へ依頼するのが便利です。

香典返しは一般的に忌明けといわれる没後35日か49日を過ぎたあたりに、忌明けの挨拶状とともに一緒に送るものとされていますが、現代では葬儀の際に一律の品物を渡す即日返しが増えています。

即日返しで渡す品物は、2000円から3000円が一般的になっています。
香典の金額が1包みあたり5000円程度と見当したとき、約半分にあたる金額になるからです。

葬儀情報を豊富に提供しています。

即日返しは葬儀後の手間が大幅に減り遺族の負担が軽くなることが、最大のメリットになります。
高額の香典をいただいた場合には、即日返しだけではなく忌明け後に改めて金額に見合った品を送ります。


昨今贈り物に対する考え方の変化やお付き合いに対する考え方の変化により香典、供え物、供花は儀礼的で必要なしと辞退する人が増えてきています。

香典、供物、供花辞退の場合即日返しの準備をする必要はありませんが、一般的に会葬礼状と会葬返礼品は参列者全員分の数を用意します。

朝日新聞デジタルについて知りたいならこちらのサイトは便利です。

遠方からはるばる来ていただいたお礼を兼ねているからです。

辞退したにも関わらず郵送で送ってきた方に対しては、送り返すのも失礼になりますので後日香典返しを送ってください。



  • 基本知識

    • 若い人にとって葬式とは自分とは無縁のものと考える傾向にあります。しかし人は生まれた以上誰しもいつかは死を迎えることになるので、若いからと言っても無縁ではないのです。...

      detail
  • これからの葬儀

    • わが国で行われている一般的な葬儀というものは、喪主、亡くなった人の家族、親戚のほか、亡くなった人が所属していた会社や学校の人々、地域の人々が総出で参列をするというかたちになっています。しかし、身寄りがない人、あるいは故郷とは疎遠になってしまっている人の場合には、このように盛大に行うことは望むべくもないことです。...

      detail
  • 葬儀について思うこと

    • 社会人になると葬儀に参列する機会が多くなりますが、常識ある大人としてマナーを守り失礼にならないようにすることが大切です。現代ではお通夜や葬儀・告別式に参列する方は喪服を着用するのが一般的となっています。...

      detail
  • 難しくない葬儀

    • 全国の都道府県の葬儀にはいろいろな形式のものがあります。大きく分けると4種類の形式になりますが、地方によってはさらに独特の形式などもあり、それぞれにしっかりと対応することができるように葬儀会社は工夫をしています。...

      detail